コンセプト

  • HOME
  • コンセプト

「Sparkさつき」では、個別の運動療育をいたします。

世界的なベストセラーとなった『脳を鍛えるには運動しかない』の著者である
ジョン・レイティ博士(ハーバード大学准教授・スパーク協会特別顧問)が運動について次のように述べています。

ジョン・レイティ博士

運動は、体だけに効果があると皆が思っています。
確かに筋力アップには運動が不可欠ですが、絶大な影響を受ける のは脳なのです。
運動すると子どもも大人も集中力が上がるだけ でなく、脳が学ぶ体制に入り、他のどんな活動よりも活発に脳細胞 が働きます。
大脳には、1,000億の脳細胞があり。
何をするにもその一部を 使うわけですが、運動が最も広範囲に脳細胞を使います。
体を動かすように脳が進化したおかげで、人は高度で複雑な動き ができるのです。
運動することによって、衝動・集中力・イライラを 上手にコントロールするのに役立ちます。

*ジョン・レイティ博士が2017年6月に、さつき幼稚園の保育を視察され記念講演されました。さつき幼稚園で創作した「じゃれつき遊び」(小学館で10万部出版)を絶賛され、Rough and Tumble Playと呼称された。

「Sparkさつき」では、児童発達支援と放課後等
デイサービス事業をいたします。

「児童発達支援事業」とは

児童福祉法に基づいた発達の遅れが気になる未就学の子どもが、将来社会の中で、できるだけ適応して過ごせるようにするための療育です。

女児
男児
笑顔の男児

「放課後等デイサービス事業」とは

学童(小学生・中学生・高校生)が対象となり、学校の授業終了後や休日および、長期休暇中などに通う療育です。
どちらも国と自治体の給付により決められた利用料の一割が自己負担額となります。

集合写真
口を大きく開けている笑顔の男児
園児たち
Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイル閲覧にはAdobe Readerが必要です。
>> Adobe Readerのダウンロード(別ウインドウで開きます)

CONTACTお問い合わせ

ご不明点などのお問い合わせは、お電話からでもメールフォームからでも、お気軽にご連絡くださいませ。

TEL 090-2226-1505

お問い合わせ